乳がんが見つかったら、どのような治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)が行われるのでしょう? 一般的ながんの治療法といえば、外科手術や放射線治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)、抗癌剤治療が代表的でしょう。 これらに加え、乳がんの場合には、「ホルモン療法」も行われます。 外科手術は言うまでもなく、がんを手術で摘出する治療方法です。 再発を防ぐためには、なるべく広い範囲を切除する必要があります。 近年、乳房を失うと言った苦しみに配慮して、「温存療法」と呼ばれる手術法が行われることもありますが、その分再発のリスクが高まるでしょう。 それに、温存療法が行えないケースも多いと思います。 放射線治療とは、がん細胞に放射線を当てることによって殺してしまうという治療法です。 患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は畭なるものですし、治るかどうかも違ってきます)さんへの負担も軽く、メリットも多い治療法だと言われています。 ただ、がん細胞がたくさんあると照射しきれなかったり、大き過ぎてしまうと殺すことができなかったり、同じ患部に何度も照射できないなどの欠点もあります。 抗癌剤治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)は、その名の通り、がん細胞を殺す薬を服用するというものです。 抗癌剤治療はそれぞれのがん細胞を殺すのに有効な薬が選ばれて使用されますが、その副作用が強いことでも知られています。 そして、乳がん治療で行われるホルモン療法とは、乳ガン特有の「エストロゲンによってがん細胞が増殖する」という性質を逆手に取り、体の中のエストロゲンを減少させることでがんの増殖を抑えるといった治療法ですー